支援団体

Comfortさばえが支援している団体をご紹介します。

■ソノーレ・ウィンドアンサンブル

団体名

ソノーレ・ウィンドアンサンブル

代表者名

福田 幹

会員数

約70名

メール

info@sonore-wind.com

ホームページ

http://sonore-wind.com

電話番号

090-1634-0752(福田)

活動目的

吹奏楽を通じ、丹南地区の音楽文化の発展と向上に寄与するとともに、地域における青少年の健全育成、一般の生涯学習の場として活動を行っています。

活動内容

年間を通じ、様々な音楽活動を行っています。 1月・・・・アンサンブルコンテストへの参加 / 6月・・・・定期演奏会の開催 7月・・・・吹奏楽コンクールへの参加    / 12月・・・・冬の音楽会の開催

今後の活動

やはり皆さんに支えられて成り立っている私達ですので、しっかりと地域に根ざした活動を続けていきたいと思います。 機会、要望があれば各種音楽サークルとの合同演奏や、また学校・福祉施設などでの演奏活動も積極的に行っていきます。

PR

私達ソノーレ・ウィンドアンサンブルは丹南地区を中心に活動している吹奏楽の一般バンドです。 下は10代から上は50代までの団員が集まり、毎週土曜日を基本に練習・活動を行っています。 丹南地区は元来『吹奏楽』が盛んなところであり、加えて最近ではテレビなどで取り上げるなど 注目が高まっています。 学生時代などに楽器に携わった方も多くいらっしゃるはず。 もし興味がおありなら、お気軽にお問い合わせください。 私達と一緒に楽器演奏を、そして音楽活動を楽しみましょう!  

■劇団しあたあ・近松

団体名

劇団しあたあ・近松

代表者名

水野 正秋

会員数

14名(男8名 女6名)

メール

wmizuno@si.ttn.ne.jp

電話番号

090-8754-8126(事務局・堀川)

活動目的

市民劇団として、大人から子どもまで幅広い人々に楽しみと感動を与える演劇を提供することで、文化向上と青少年健全育成を図る。

活動内容

  • 年一回の定期公演を開催
  • 他団体への出演、協力 (県演劇連盟に加盟)
  • 劇団広報誌(赤いめがね)の発行

今後の活動

  • より多くの人に演劇の楽しさ、大切さを伝えていきたい。
  • 団員、観客動員数の増加を図る。
  • 子供も参加できるような作品上演していく。

PR

近松門左衛門が幼少をすごしたといわれる鯖江に劇団を!と集まったメンバーで結成された劇団 しあたあ・近松。 たくさんの方々のご支援のおかげで20年をすぎました。年に一度の公演のほか、地元のたちまち近松まつりや、福井県で行われた国民文化祭などにも積極的に 参加し、活動の幅をどんどん広げています。 平成21年度は3月に、第23回定期公演「注文の少ない料理店」を上演しました。演劇は、人間性を見つめなおす良いきっかけになります。新しい自分も発見 できます。 上演にいたるまで苦労はつきものですが公演後の感動はすばらしいものです。ぜひ私達と一緒に楽しくお芝居しませんか? いつでも団員募集中です!見学もお待ちしています。  

■鯖江オペラ塾

団体名

鯖江オペラ塾

代表者名

川端 左門

会員数

8名

電話番号

090-8968-3921

活動目的

オペラの公演、コンサートを通じ地域文化の振興に寄与する。

活動内容

オペラ公演、コンサートの指導を専門家により月2~4回個人、全体の能力向上を計る。

今後の活動

地域の様々なイベント、奉仕活動にも積極的に参加をしていきたい。 2005年の国民文化祭のような他団体との合同の公演なども機会があれば参加をしてみたい。

PR

平成22年4月に、鯖江市文化センターにて、『鯖江オペラ塾コンサート2010』を上演。近年はさばえ市民音楽祭にも出場し、好評を得ています。 未経験の方でも気軽に見学、入塾希望をお待ちしています。  

 ■福井映画祭実行委員会

団体名

福井映画祭実行委員会

代表者名

松井 敏喜

会員数

24名

電話

0778-52-7430

メール

mail@fukuifilmfestival.jp

ホームページ

http://fukuifilmfestival.jp/

活動目的

自主制作映画の魅力を伝えるとともに、映像文化の向上を目指す。また、総合芸術としての映画を通して、種々の文化の醸成を図る。

活動内容

「福井映画祭」の開催(年1回)

今後の活動

「福井映画祭」、そして「福井映画制作ワークショップ」を継続して実施していくほか、他の映画関連団体と連携し、地域全体で映像・映画文化を盛り上げていく。また、映画制作(ロケなど)を通して、まちづくりに寄与する活動も行なっていきたい。

PR

映画祭への応募も年々増え、少しずつ認知度も高まってきています。審査員として参加いただいている田中光敏氏は、「精霊流し」、「化粧師」、そして「火天 の城」を監督した第一線で活躍する映画監督。映画制作ワークショップの特別講師も担当していただいています。また、観客の皆さんの支持が最も高い作品に贈 られる「観客賞」受賞作品は、劇場公開されたり他映画祭でも高評価を得たりと、観客や実行委員の鑑賞能力の高さも確かめられています。